舞踏舎 天鷄
鳥居えびす&田中陸奥子
Butoh-sha Tenkei
/ Works /
1999年11月10日〜11日

『彼方 1999』

ミドリからミドリヘの深さや明るさにある
生命の
一刻の思い出は
野辺に
海辺に
山辺のあたりにありて
佇みて何かを測量するはずであるが
なにもかも遠方の出来事のようでもあるし
指先のその先をなぞりながら
ユートピアする

その先に示された世界に触れることが
もっともらしい嘘でもよいが
幻想の美味を幻覚するとしても
はてさてと困った笑い顔の中にあるもの
絶望と希望のあるいは駄々っ子のダダ

海を渡る黒アゲハ蝶の
浮遊の芸に
現実此岸の思いを
朝の台所に立ちながら
夢見る
一体全体
軽やかなものは何?
舞踏舎 天鷄
舞踏舎 天鷄
舞踏舎 天鷄
舞踏舎 天鷄

北沢タウンホール
1999年11月10日〜11日

作・振付●烏居えびす
舞踏手●烏居えびす、田中陸奥子、上田ユカリ、サイトウカオリ

舞台監督●千葉幸雄
音楽●曽我傑
照明●池亀誠一郎
衣装●山王工房
舞台美術●鳥居えびす
宣伝美術●井岡道子/葛本京子
制作●山王工房/長井公彦(エヌ企画)
主催●舞踏舎天鷄
助成●芸術文化振興基金助成事業

CopyRight(C) Butoh-sha Tenkei All Right Reserved.