舞踏舎 天鷄
鳥居えびす&田中陸奥子
Butoh-sha Tenkei
/ Profile /

舞踏舎 天鷄 カンパニープロフィール

since 1981

舞踏舎天鷄1981年、鳥居えびすと田中陸奥子により設立される。

相互に中心であり背景となる二人の踊りを軸に、多くの舞踏作品を創り出している。

90年代の代表作「ノクターン」は、北米、ドイツ等世界の多くの都市で上演され、「理知と無縁の深層心理の淵へと観客を誘う(ロサンゼルスタイムス紙)」と賞賛される。

2004年に開始されたアトリエ公演ダンスラボでの小品連作活動を経て、2008年「アリス・的」、2009年「おかしとかがみ(アリス・的U)」を発表。

2012年、15年ぶりとなるデュオ作品「空舟(うつぼぶね)」を最後に、2013年鳥居えびすは鬼籍の人となる。

2015年、映像展「断章のトタンにダンス」により、田中を中心に新たな天鷄が始動。
<鳥居えびす作品Selection>として、2017年「女中たち」、2018年「姉姉妹shishimai」を上演する。


CopyRight(C) Butoh-sha Tenkei All Right Reserved.