洋食皿編



【 材料・小道具 】
・樹脂粘土(コスモス)
 コスモスは乾くと硬度が増すのでお皿向きだと思いますよ。
・不透明水彩絵の具の白色
 陶器の白さを表現する場合に適してると思います。
・固形水彩絵の具
勿論、絵の具でもOKですが、色を作る手間が省けます。
・ニス(ねんどニス)
 水性のニスなので、シンナーの臭いがしないし、筆洗いが楽チンですよ。
・その他
 面相筆、七宝焼きの台、ゴルフのマーカー(ゴルフをする人に貰ってください。)
 
 
1.お皿の原型を作りましょう。
(ポイント)
コスモスに白を混ぜて直径2センチ位の球を作ります。
(1) それを七宝焼きの台の上で円盤状に延ばします。
  写真にあるのがゴルフのマーカーです。
 
 
 
2.お皿のくぼみを付けましょう。
(ポイント)
1でお見せしたゴルフのマーカーを使うとGOODですよ。
(1) 中央に持ってきて軽く押さえます。
 
 
 
3.お皿に模様を描きましょう。
(ポイント)
息を止めて(?)一気に先を描くと細い線も繊細に描けます。
(1) 勿論、粘土が乾いてから描きます。
 
 
(2) ほとんど、下書きはしません。
  模様に縁取りが欲しい場合はH位のシャーペンで描きます。
 
 
4.仕上げ(ニス塗り)
(ポイント)
絵の具が乾いたらニスを塗りましょう!
台を外せば普通のお皿、そのままだと金縁のお皿の出来上がり!