カップ編



【 材料・小道具 】
・コスモス(樹脂粘土)
 白の水彩絵の具を混ぜると陶磁器の雰囲気が出ます。
・ボールペンのキャップ
 Ballsign SAKURA PGB のキャップがGoodです。
・ストロー(カップの底の部分)
 リング状にカットするときに楽です。
・その他
 木工用ボンド(パーツ貼り付け用)
 カッター(ペンタイプ)
 七宝焼き台皿(直径2cm弱)無ければ計量スプーンなどで代用する。
 ピンセット(パーツを貼り付けるときに使う)
 
 
1.全てのパーツを作ります。
(ポイント)
白を練り混んだコスモスを出来るだけ薄く貼り付けます。
一日くらいかけて乾かします。
(1) カップ作りはペンのキャップに薄さ1mm以下
  長さ1.5cm以上にして形を整えながら貼り付けます。
(2) 同様にストローにも1mmの薄さで貼り付けます。
(3) 七宝焼きの台に形を整えて粘土を詰めて乾かします。
 
 
 
2.カップの形にカットしましょう。
(ポイント)
底になる部分から8mm以上の所をペンカッターで
グルッと一周カットして切り離して下さい。
(カップの高さを調整するとコーヒーカップになったり
ティーカップになったりします)
(1) 少し高さが高いくらいにカットしてあれば
  外してからカッターで切り口の高さが調整できます。
(2) カップ部分をカットして外したあとの円筒形の部分を
 1mm強の幅の輪の形にカットします。(ソーサーの底の部分)
 もう一つ同様にして輪を作り適当な長さにカットして半円形を 
 作るとカップの取っ手部分になります。
 
 
3.全てのパーツを作りましょう。
(ポイント)
ストローに巻き付けたモノはストローごと1mm位の幅で
カットすると簡単です。(カップの底の部分になります)
カップ、カップの底、取っ手でカップのワンセット
七宝焼きの台から外したお皿の部分、幅1mmも輪で
ソーサーのワンセットになります。
 
 
4.完成
(ポイント)
ピンセットを使いボンドで接着します。
底の部分が高い場合は完全に乾いたあとペンカッターで
均一になるようにカットします。 
カップandソーサーの見本はGallery No.13もご覧下さい。
次回はバラの花の絵付けを予定してます。