本州北海道架橋を考える会とは

本州北海道架橋を考える会は、津軽海峡に人や自動車が自由に通れる橋を架けることを目指した仲間の会です。一方この活動を通じて、青函地域の将来を考え、地域交流を盛んにすることにより、青函地域の活性化を図り、この地域を日本及び世界に誇れる地域にすることを目指した仲間の会でもあります。あなたも仲間になって、大きな夢を共有しませんか。


当会のユニ−クないくつかの特徴です

その1  個人の会員のみに限ってます
立場を越えた個々の人間の手によって輪を大きく拡げ、実現に向って押し上げていきたいと思ってます。

その2  会長はおきません
会長制をとらず幹事団の対等な立場での合議制に基づいて、それぞれの役割で運営しております。但し、対外的な対応として任期2年の代表幹事は選出しております。

年会費 1,000円
夢の実現に向けて、子供からお年寄りの方まで広く会に参加していただけ安く、なお且つ内容の充実した活動を維持するためこの年会費に設定しております。


【当会の規約】 【主な活動】 【リンク集】 




会員の種類

正会員  年会費 1,000円
会報のお届けやイベント等、その他の情報をご案内を致します。会員用のサポ−タ−カ−ドを発行いたします。入脱会は自由です。

サポーター会員  500円(永久登録)
大きな夢に向かって応援団の役割をしてくださる方を対象にしております。サポ−タ−カ−ドでぜひ応援をよろしく。






copyright 2000 Honshu-Hokkaido Bridge Planing Office
All rights reserved