【原稿作成例】

津軽海峡大橋に関する……………………考察

○会員 津軽海峡研究所 青函太郎
会員 北日本大学   北海次郎
未来エンジニア 東北三郎

 ○○○○○○○……………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………………………………
………………………………………………………………………

<論文題目について>
   論文題目は、1行目から2行以内で、最初の文字は空けずに、可能ならワープロの場合ゴシック体の12ポイントにしてください。

<所属・氏名について>
   所属、氏名は3行目から右寄せで記入し、各々1行で記入してください。ただし、題目が2行の場合は、4行目から記入してください。
発表者を含めて共同執筆者の掲載は、特に制限しませんが5名程度までにしてください。
発表者の頭には○を付けてください。
会員は、所属の頭に「会員」と記入してください。

<本文について>
   本文は、所属・氏名の最終行から1行空けて開始してください。2ページ以降は文頭から記入してください。ページ数は、10ページ以内としてください。
本文の文字は、ワープロは10.5ポイント、邦文タイプは5号活字を標準とし、原則1ページ全体で43字×40行の明朝体の体裁とします。なお、論文の構成や強調からゴシック体等他の字体を使用することは構いません。
提出原稿は、そのままオフセット印刷をするので、左右両側の余白には十分注意してください。余白のマージン設定は、基本的に上25mm、下25mm、左30mm、右30mm以上にしてください。
図表及び写真は、原稿用紙に直接記入を原則とします。ただし、上質紙の原稿用紙の該当箇所に図表・写真の裏側上部を糊付けしたものでも結構です。白黒印刷ですので、カラー原稿やカラー写真はご遠慮ください。
本文、図表・写真は鮮明なものをお願いします。原稿の訂正はできません。
原稿のページは、必ず原稿右上隅に鉛筆で記入願います。
<= もどる

copyright 2001 Honshu-Hokkaido Bridge Planing Office
All rights reserved